女性に多い牽引性脱毛症とは?原因や予防法をご紹介

エクステやポニーテールなどのヘアアレンジを楽しむ女性の中で、最近抜け毛が気になるという方は多いのではないでしょうか。
もしかしたら、それは牽引性脱毛症が原因かもしれません。
ここからは、牽引性脱毛症になる原因や予防方法をご紹介したいと思います。

1.牽引性脱毛症とは

牽引性脱毛症とは女性に多い脱毛症で、髪の毛や地肌を強く引っ張り続けることで起こります。
特に、髪の境目や分け目に起こりやすいのが特徴です。

2.牽引性脱毛症の原因

①エクステやコーンロウ

エクステやコーンロウ(編み込み)は、編み込む時に髪の毛を強く引っ張り、なおかつ長期間そのままの状態なので、常に髪の毛が引っ張られた状態になり、牽引性脱毛症になる可能性があります。

②毎日同じ髪型をしている

仕事や学校の為、おだんごや、ポニーテール、ツインテールなど毎日同じ所で髪を結んでいると、同じ所が引っ張られるので、牽引性脱毛症がおきやすくなります。

③ヘアアイロンを使用している

ヘアアイロンを毎日使用している場合、髪の引っ張りすぎや、ヘアアイロンの熱で毛根がダメージを受けやすくなるので、牽引性脱毛症になる可能性があります。

3.牽引性脱毛症の予防方法

①結び目を変える

仕事や学校などで髪を結ぶ必要がある場合には、時々結び方を変えたり、分け目を変えたりして同じ所に負荷がかからないようにしましょう。

②頭皮に刺激を与えない

ヘアアイロンを使用するときは、地肌から離して使用し、無理に引っ張りすぎないようにしましょう。
また、シャンプーやブラッシングは優しく行うようにしましょう。

③頭皮のマッサージ

お風呂上がりなどに、頭皮を優しくマッサージすると、頭皮の血行が良くなるので、牽引性脱毛症の予防になります。

終わりに

牽引性脱毛症は、正しく予防、治療を行えば治すことが出来る脱毛症です。
牽引性脱毛症にならない為にも、頭皮は無理に引っ張らないように気を付けましょう。
また、気になる場合には早めに皮膚科を受診するようにしましょう。