発毛促進が期待できるミノキシジルによる薄毛治療

薄毛治療に良く用いられているのがミノキシジルと言う有効成分です。クリニックでミノキシジル外用薬の処方が受けられます。

その他、市販の発毛剤にも配合されており、自宅で薄毛対策を行うことも可能です。そこでどんな有効成分なのか気になる方に紹介していきます。

ミノキシジルはどんな成分なのか

ミノキシジルは血管拡張効果から高血圧の治療に用いられてきました。ところが投与した患者さんに発毛と言う副作用が見られたため、薄毛治療にも用いるようになったのです。

頭皮の下には毛細血管があり、何らかの原因で血流が悪くなると、毛母細胞の増殖に悪影響が及ぶことがありました。

そんなときでもミノキシジルを頭皮に塗布すると、頭皮の下にある毛細血管が拡張し血流が改善していきます。毛母細胞の増殖がスムーズとなり発毛が促進されると言う仕組みになっています。

ミノキシジル配合の発毛剤

このミノキシジルを5%配合した発毛剤が国内で販売されています。

有名なプロペシアと言うAGA治療薬は医師から処方を受けることが必要ですが、ミノキシジル配合の発毛剤なら通販でも入手が可能です。

使い方

ミノキシジル配合の発毛剤は1日2回頭皮に塗布して使用します。朝晩と時間を空けると効果が持続しやすいです。帰宅し洗髪した後に1回目、朝起きたときに2回目使用すると良いです。

ミノキシジルタブレットもある

ミノキシジルを錠剤にしたものがミノキシジルタブレットです。頭皮に塗布するのではなく、口から飲んで使用します。

頭皮が固いなど何らかの原因で頭皮に塗布してもミノキシジルの浸透が良くないことがありました。特に頭皮が固くなりやすい額の生え際には効果が出にくいと言われています。

そんなときでも口から飲むミノキシジルタブレットなら効果が出やすいと言うメリットがあります。ただし多毛症などの副作用が出やすくなるために注意が必要です。